2015年11月19日

わたしはもっと

たずねても、たずねても、空はこたえないし、色はなくなる

昼間、笑っているのがつらい

昼間、平気なふりしているのがつらい

昼間、大丈夫ですよって平静をよそおっているのが、つらい

しごと、行かなくなっちゃってもいいかな

1週間くらいぼんやりしていたら、きっと立ち直るからさ

知ってた色も、取り戻すからさ、ちゃんと拾い集めるから

たすけてなんて、うめいたところでだれもたすけちゃくれないし

……たすけてよ、ねえ許智政醫生

……たすけてよ

いなくならないでよ

そばにいてよ

拒んでも、拒んでも、拒んでも、拒んでも、突き放さないでよ

そばにいて、わかってよ

わたしはもっと、高尚なものになりた許智政醫生

こんな、口の端から出たしょうもないを吐露を

つらつらと書きつらねてなどいたくないのに

ねえ、たすけてよ許智政醫生

もう、さみしいのか、かなしいのか、つらいのか、くるしいのか




わからない  


Posted by svk at 18:46Comments(0)哲理散文

2015年11月18日

考えること事態が良

バレエと言っても本物のバレエとは全く別物のような?ものだけど。

とはいえ、先生はいまだ現役の80才、クラシックバレエの先生だ許智政


レオタード姿は若々しく、スタイル抜群でカッコいい。

生徒は10数名、50代から70代と幅広華洋坊好唔好
い。

週に1回、飛んだり跳ねたり。

私もこの年になって、バレエシューズを履くなんて思いもよらなかったが。

それにしてもナント ナントもの覚えの悪いこと。

足の動きさえ出来ないなん華洋坊好唔好
て。

先生いわく、「できなくていいのですよ、考えること事態が良いことなのですから…」

音楽に合わせて身体を動かすことが、こんなに楽しいなんて…大発見だ!


  


Posted by svk at 15:59Comments(0)散文欣赏

2015年11月06日

大好きなんです、長羽織!

日曜日は肌寒い一日でした。

朝家事をしたら、午後から息子と食事に出掛ける約束をしていました。

休日のお出掛けは着物を着るのが普通の私で華洋坊す。

息子にとってはめんどくさい母親でしょうが、もう慣れたようです。



時間に余裕があったので、着物選び許智政醫生ものんびりした気分です。

帯付き姿(着物と帯だけの装い)では寒そうだったので、羽織を出しました。

羽織を出すとウキウキしますo(^o^)o

大好きなんです、長羽織!

イカリ肩も撫で肩に見えるんです!

写真を撮るときは真正面から写ると、肩幅が強調されてゲンナリします笑い泣き

そんな私の強い味方が長羽織です
許智政醫生

縦長効果でスラッと見えます(^-^)v

道行や道中着と違って、部屋の中でも脱がなくていいので寒がりな私には有り難い上衣です。




  


Posted by svk at 17:28Comments(0)哲理散文