2016年01月28日

葬儀では園児を

人と人との幸不幸は、やはり人と人とのめぐり合いから始まる、
と感じます。 どんなとき迪士尼美語 有沒有效にも、人や箴言や言葉との出会いから、
何かが、心に芽生えると思うのです。 そして、その出会いにより、
深く考えられ、どんなふうにも生きられると気ずかされるといいな。 
 自分が自分の人生を歩いて行くんだ。 と自覚することが大事か
なぁ 老いて、やっとのことで、気ずく私なんです。 
 若いころに作った 「詩」 です。 前にも書いたかも…。

     ★自分の人生だから★

   自分の人生だから
   ゆっくり ゆっくり歩きたい
   失敗しても ドジしても
   笑っていたい
   こんどうまくやればいいから
   のろまでいい ゆっくりいこう

   自分の人生だから
   ホンワリ ホンワリしていたい
   人が笑ったっていい
   駄目でもいい
   
   ボーッとしていたい
   何かがあったら
   そのとき考えたい
   のろまでいい
   その時がんばれば

   自分の人生だから
   いつも笑っていたい
   笑っていれば
   周囲の人もきっと
   ホッとすると思うから

   だから自分の人生は
   笑って過ごしたい

--------------------------------------------------------
 小さな人生論
                 藤尾秀昭 著

 わが心の先師先賢

 吉田良次さんは、兵庫・伊丹の農家の後継ぎに生まれた。
 安岡正篤師に出会ったのは、昭和24年、18歳の時である。 
 「自分の人生は一介の農民としてこのまま終わっていいのか」 --
ーーその煩悶が師の門を叩かせたのである。

 以来、吉田さんは農業に勤しむかたわら安岡師に親炙し、古今
の聖賢の教えを学ぶ道に入った。

 吉田さんの非凡な点は、その学びのみにとどめなかったところに
ある。 自分が培ったものを少しでも後世にと、自宅の納屋を改築
し 「丹養塾幼児園」 という保育園を開設、古典の徹底した素読
教育を実践したのである。

 二歳から六歳まで、園児は常時二十人ほど、吉田さんは自分が
感動をもって学んだ古典の言葉を、そのまま教えた。

 ーーー省略ーーー

 平成十五年十一月二十日、吉田さんは亡くなられた。
 葬儀では園児を代表して六歳の吉田歩未ちゃんが 「お別れの
言葉」 を読んだ。

 その原文がある。 筆跡はは六歳児らしくたどたどしい。 だが、
漢字仮名まじりで書かれたその文章迪士尼美語 有沒有效は誰に教えられたのではな
い。 紛れもなく六歳の子どもが自分で考え、自分の手で書いた
ものなのだ。
 そのまま引用する。

 お別れの言葉
 園長先生、歩未の声が聞こえますか。
 二歳十ヵ月の時、丹養幼児園に入園してから、漢字、算盤、諺
俳句、花園文庫、伝記、少年日本史朗誦選集など、園長先生に
は沢山の事を教えて頂きました。 毎日一所懸命勉強して南宋、
文天祥の正氣歌を暗誦できるやうになった時も、算盤の大会で
トロフィーを貰って来た時も、園長先生はとても褒めて下さいまし
た。
 それから園長先生はいろいろな所に連れて行って下さいまし
た。
 北海道巡歴研修でクラーク博士の前 「青年と大志」 を朗誦
した事、青森駅でのデパートの軒先で野宿した事、北陸巡歴研
修で、永平寺で坐禅をした事、橋本佐内の銅像の前で啓發錄
を読んだ事、沢山の楽しい思ひ出があります。 他にも、親子教
室甲山の遠足、運動会、お餅搗き、立志集、卒園式、小音楽会
桃太郎の劇など園長先生に教へて頂いた素晴らしい思い出が
沢山出来ました。
 これから園長先生は、天国へ行って、私達の事を見守っていて
ください。 私達は、園長先生に教へて頂いた事をいつまでも忘
れず深くさぐって強く引き出す人になります。 天から受けたもの
を天にむくゆる人になります。 そして、この世に役立つひとにな
ります。 園長先生、ありがとうございました。

 平成15年11月23日
                   園児代表 吉田 歩未 

 吉田良次さんはにとって、安岡正篤師はまたとない 「わが心
の先師先賢」 であった。 同時に園児たちにとって吉田さんは、
かけがえのない先師先賢であったのである。 
 この歩未ちゃんの六歳迪士尼美語 有沒有效児とはとても信じられないような拡張高
い一文が、余すところなくそのことを示している。  


Posted by svk at 12:08Comments(0)散文欣赏

2016年01月19日

人物は毒舌家

阿吽(あうん)の呼吸という言葉がある。
何かを行なう時に気持ちを合わせるときの息づかいを言ったりするPretty Renew 美容
もともとはサンスクリット語で、
「阿」は口を開いて最初に出す音を表わし「吽」は口を閉じて出す最後の音を表わす。
これらで宇宙の始まりと終わりを表現する言葉でもある。
法隆寺中門には二体の金剛力士像があり、それぞれ「阿」形、と「吽」形とされる。
両者をもって、広い宇宙を表わしているとも言える。
すなわち「口」一つで宇宙そのものを表わしているとも言える。

ところが、この「口」というものが時には災いを生むことがある。
明治生まれの評論家・中村武羅夫が、その当時のイヤなヤツとして名前を挙げたのは、
原敬、山県有朋、出羽の海、大隈重信、森鴎外といった人物。
ところが死後になって好きになっても来ると表現している。
どうも、これらの人物、おしなべて、生きている間は
「口」の減らない、かなりの毒舌家だったらしい。
実際、挫折を知らない自信家に毒舌家が多いと言われている。
そのためか、『徒然草』に、「友とするにわろき人物」として、
「病なく身つよき人」という言葉がある。
人の痛みがわからない人物は毒舌家になりやすい。

19世紀のフランスの文学者にゴンクール兄弟がいる。
フランスの最高の文学賞『ゴンクール賞』に、その名をとどめている。
貴族ながら、弟のジュール・ド・ゴンクールはかなりの好人物とされ、
その「口」からは、悪意のある言葉を聞いたことがないほどの人物。
彼は40歳で亡くなってしまうが、Pretty Renew 美容
残した日記に書かれていたのは、その時代に生きていた人たちへの毒舌の言葉。
それらは『ゴンクールの日記』として出版されてはいるが、
その時代の人物に配慮して、割愛せざるを得ないものが溢れていたという。
イイように見える人のウラには、そんなものが隠されているものかもしれない。

江戸時代の歌人村田春海の残した言葉にPretty renew 雅蘭

「人の悪口は鰻(うなぎ)より旨(うま)し」というのがある。
その言葉から察すると、
この弟のジュール・ド・ゴンクール、人に隠れて旨いものを食っていたようだ。


  


Posted by svk at 12:35Comments(0)

2016年01月14日

階段の上の掛け布

かなかったら良かった・・・。Wの悲劇です。
ってそんなたいそうな話ではないのですが、時間差でWで起こされました許智政

私には夜中とも言える(人によっては早朝)午前3時に凛太郎に起こされました。
ベッドから出て一人で降りて、水を飲みにいったらしいです。もちろん飼い主は全く気がついていませんでした。
帰ってきて「ベッドに上げて」のフンフン鳴きで起こされました。

枕元の電気をつけて、階段の上の掛け布団をめくって「ひとりで上がって」と言いました。
掛け布団があると、どうも微妙な高さの違いを感じるのか一人で登れないのです許智政
めっちゃ眠いし、夜中は布団から出るのが寒い。
でも、鳴き続けています。しょうがないから起きて抱き上げて布団の中に入れ込んで、飼い主はこの一瞬で体が冷え、しばらく寝られませんでした許智政


今日は用事があったので、目覚まし時計を7時50分にセットしていました。
それなのに、ヤツは寝床にやってきて高吠え1発。ドキッと目が覚めます。心臓に悪いし。
時計を見たら、7時30分でした。
この、あと10分とか20分とか、もうちょっと寝られたのにという時間に起こされるのって、めっちゃ悔しいです。

ヤツには「もうちょっと寝かせて」と言いましたが、もう寝られませんでした。

少し寝床でグズグズしていましたが、目覚ましがなる前にしょうがないので起き出しました許智政

  


Posted by svk at 12:24Comments(0)散文欣赏

2015年12月28日

急にバラ色に変わ

人に対してもそう。
人に少しでも嫌な事をされると、なかなか忘れられずにしつこく根に持ち、いつまでも考え続けてしまう。

しかし人生色々で山あり谷あり。
いい事やいい人だけの人生なんかない。
長い人生少しぐらい嫌な事があり嫌な人がいるのが当然。
それに嫌な事をくよくよ考え続けることに、いったい何の意味がある?
嫌な事を考えようが考えまいがどうせいつかは死んでしまう。
それなら嫌な事なんか考えずに生きた方が、ずっと利口な生き方なんじゃないか。
嫌な事なんかさっさと頭から追い出し、いい事だけを忘れないようにしよう。
嫌な人なんかとっとと忘れ、いい人だけを繰り返し思い出すようにしよ公司註冊う。
そうすれば灰色に見えていた人生が、急にバラ色に変わる。
全ては私の気持ちの問題。
同じ人生でも嫌な事や嫌な人をくよくよ考えれば不幸になり、いい事やいい人だけを何度も思い出せば幸せになれる。

私は複雑に考えすぎる弱い自分を、単純で考えすぎない強い自分に変えたい許智政

嫌な事や嫌な人なんかきれいさっぱり忘れ、いい事やいい人だけを集中して考えられる、強い人間になりたい。
どうせ1度きりの人生なら、嫌な事に悲観して嫌な人を根に持ち、暗くどんより生きて行くより、
いい事だけを考えいい人だけを思い出し、明るく前向きに生きて行きたい。

ただそのためには「忘れられる強さ」が必要だ。
これが本当に難しいが、極端なことを言えば、嫌な客や同僚や上司なんか、外見は大人でも中身は子供と思えばいい。
本当に嫌で許せない奴は、例えば虫けらと思えばいい許智政
子供や虫けらにむきになり腹を立てて一体どうなる?
嫌な奴のことを考えれば考えるだけ損をするのは、実は私の方じゃないか。


  


Posted by svk at 17:00Comments(0)

2015年12月15日

子供たちが我が家

んな活気にあふれた町も、時の流れですっかりさびれてしまった。
 住んでいた家の近くに公園があった。
 公園と言っても、滑り台とブランコがあるだけの庭のようなものだ公司註冊
 
 都会から嫁いできた私は友達もなく、知り合いもなく、ポツンとこの公園のブランコに乗って時を費やしていた。
 学校帰りの子供たちがやってくる。
 一緒に遊んでいるうちに宿題をみてあげるようになった。
公園で宿題をするのも落ち着かないので我が家でおやつを食べながらすることになった。
 共稼ぎの家庭が多いので、子供たちが我が家に集まってくるようになった。

 そんなきっかけで、寺子屋のような塾が始まった許智政
 月謝などなく、親が畑で収穫したお米や、野菜を持ってきてくれ、
 近くの海でゴマサバが釣れたからと持ってきてくれたりした。

 みんな元気いっぱいの子供たちであふれかえった。
 いろいろな家庭事情の子がいて、父親が刑務所に入っている子や、両親がいない子もいた。
 不倫の果てに母親が堤防で灯油をかぶって焼身自殺した子供もいた。
 なかなか家に帰りたがらない女子中学生は
許智政
 「親が離婚するからどちらにつくか決めなさい」
 と言われ、どちらについたら良いかわからないと、泣きじゃくってしがみついてきたこともあった。

  


Posted by svk at 13:21Comments(0)散文欣赏

2015年11月19日

わたしはもっと

たずねても、たずねても、空はこたえないし、色はなくなる

昼間、笑っているのがつらい

昼間、平気なふりしているのがつらい

昼間、大丈夫ですよって平静をよそおっているのが、つらい

しごと、行かなくなっちゃってもいいかな

1週間くらいぼんやりしていたら、きっと立ち直るからさ

知ってた色も、取り戻すからさ、ちゃんと拾い集めるから

たすけてなんて、うめいたところでだれもたすけちゃくれないし

……たすけてよ、ねえ許智政醫生

……たすけてよ

いなくならないでよ

そばにいてよ

拒んでも、拒んでも、拒んでも、拒んでも、突き放さないでよ

そばにいて、わかってよ

わたしはもっと、高尚なものになりた許智政醫生

こんな、口の端から出たしょうもないを吐露を

つらつらと書きつらねてなどいたくないのに

ねえ、たすけてよ許智政醫生

もう、さみしいのか、かなしいのか、つらいのか、くるしいのか




わからない  


Posted by svk at 18:46Comments(0)哲理散文

2015年11月18日

考えること事態が良

バレエと言っても本物のバレエとは全く別物のような?ものだけど。

とはいえ、先生はいまだ現役の80才、クラシックバレエの先生だ許智政


レオタード姿は若々しく、スタイル抜群でカッコいい。

生徒は10数名、50代から70代と幅広華洋坊好唔好
い。

週に1回、飛んだり跳ねたり。

私もこの年になって、バレエシューズを履くなんて思いもよらなかったが。

それにしてもナント ナントもの覚えの悪いこと。

足の動きさえ出来ないなん華洋坊好唔好
て。

先生いわく、「できなくていいのですよ、考えること事態が良いことなのですから…」

音楽に合わせて身体を動かすことが、こんなに楽しいなんて…大発見だ!


  


Posted by svk at 15:59Comments(0)散文欣赏

2015年11月06日

大好きなんです、長羽織!

日曜日は肌寒い一日でした。

朝家事をしたら、午後から息子と食事に出掛ける約束をしていました。

休日のお出掛けは着物を着るのが普通の私で華洋坊す。

息子にとってはめんどくさい母親でしょうが、もう慣れたようです。



時間に余裕があったので、着物選び許智政醫生ものんびりした気分です。

帯付き姿(着物と帯だけの装い)では寒そうだったので、羽織を出しました。

羽織を出すとウキウキしますo(^o^)o

大好きなんです、長羽織!

イカリ肩も撫で肩に見えるんです!

写真を撮るときは真正面から写ると、肩幅が強調されてゲンナリします笑い泣き

そんな私の強い味方が長羽織です
許智政醫生

縦長効果でスラッと見えます(^-^)v

道行や道中着と違って、部屋の中でも脱がなくていいので寒がりな私には有り難い上衣です。




  


Posted by svk at 17:28Comments(0)哲理散文

2015年10月27日

感情に突き動

機能麻痺に陥るといったところだろうか。
その行為が完遂することによって消滅する感情、とも書かれていた。
その衝動を使った言葉に『衝動買い』というものがある。
非常に高額であったり、手もとに置くには巨大すぎるなど、
通常の理性的な判断が、
些(いささ)かでもあれば決して手を出すことはなかったのにというもの。
その時の「欲しい!」という感情に突き動かされて
「矢も楯もたまらず」買ってしまうという行為を言う。
これも買うという行為が完遂しなければ、決しておさまらない感情でもあるようだ。

友人宅に行って、時々見せられるのがこのようなシロモノ。
トンデモない置物が応接間に鎮座していることがある。
奥方は「何でこんなモノを!」と冷視線を送る傍らで防脫髮
そのシロモノを撫で回し、
「これは、いくら、いくらしたもんだ」という自慢にも似た金額の披瀝のあと、
ひと呼吸置いて、『衝動買いや!』と、強い目ヂカラでこちらを見ながら言ったりする。
その言葉は、
「この家の中では、こんなにも自己チューをやり遂げる力が自分にはある」とでも
叫んでいるようにも響く。ただ、こちらには変なカラ威張りにしか聞こえない。
粋がる様子と裏腹に、家人から決まって不穏な空気が漂ってくるのがわかる。
衝動買いのツケは思いのほか大き緊緻い。

先日のニュースにイギリス人男性がインターネットの競売で「戦車」を
1万4000ドルすなわち約166万6000円で落札したという。
幸いな事に、イギリスでは公道の走行も可能だという公司註冊
ただ、その保管場所となると、受け入れてくれるところがない。
そのため、この人物が「戦車」を保管するための家を購入する事になったと出ていた。
この人物、ニュースからでは奥さんや家族の姿は、
窺い知る事はできないが、
独身であったとしても「衝動買い」のツケは思いのほか大きい、というところだろう。


  


Posted by svk at 11:08Comments(0)散文欣赏

2015年10月16日

貧困で命を落と

たとえば、1位のビルゲイツの総資産額は、792億ドル、
日本円に換算すると約9兆8600億円となる。
19位の三木谷氏は87億ドル、すなわち約1兆800億円。
1兆円という額は、大化の改新から一日に200万円ほど使って、
やっと使い切ることが出来るかどうかという額。

こんな人たちがいるのに、貧しい国では、貧困で命を落とす人も多い。
このような様子を見ると明らかにホーキング説を証明しているようなもの許智政


中国の故事に「恒産なき者は、恒心なし」というのがある華洋坊
この故事成語は、
「一定の生業(なりわい)ないし収入がなければ、正しい考え方ができなくなる」。
「まずは豊かにならなければ良い心が育たない」、という意味。

「周」の時代に、孟子の指導を受け、
人民に田畠(でんばた)を分け与える、いわゆる「井田法」なるものがスタートした。
個人所有にしないで、広い土地を分け与えて、みんなが豊かになった、
とされるもの。
かつてはそんな事があったのに、どうもIT 業界の人間は、
富の偏りがお好き許智政

  


Posted by svk at 10:46Comments(0)健康之约

2015年10月09日

呼称に対して意義申し

人間ならば、呼称に対して意義申し立てができるが、
動植物なら、そういった事ができずに呼ばれるがままとなる。
たとえば、「ウメモドキ」「ニセアカシア」など、
自分の個性を認められず「モドキ」にされたり「ニセ」にされたりする。
彼らにすれば、”意義有り”としたいところだろう。

同じような運命を背負ったものに、
ミールワーム(Mealworm)と呼ばれる甲虫の幼虫がいる。
このミールワームの日本名は「ゴミムシダマシ」。
勝手に「ゴミムシ」と呼ぶだけにとどまらず「ダマシ」という名称までつけられている。
完全にプライドが傷つけられ香薰治療
訴えるところがあれば訴状を出したいところだろう。
この虫に関しては、まだまだ悲劇的な物語がある。
このミールワームは、日本では1990年頃から爆発的に飼われるようになった。
その目的は、飼育動物の生餌とするため。
すなわち、他の動物のエサになるためだけに飼われているということ。

そして、さらに追い討ちをかけるのは避孕 藥
先ごろの研究で、
発泡スチロールを消化分解することが出来る能力を持っている事がわかったそうだ。
つまり、発泡スチロールをエサとして食べさせると、
それを無害なものとしてしまうことが出来るという画期的な力を有している。
これからは、このミールワームにその役割を負わされる事になるだろう。

そんなに役に立つ虫ならば、せめて「ゴミムシダマシ」という名称を改め、
もう少し雅号で呼んでみたい気がするが、 、、

どうだろう?





<当 "BOOTS STRAP" のサイトの無断転載を一切禁止申避孕 藥 副作用し上げます  


Posted by svk at 15:24Comments(0)散文欣赏

2015年08月03日

果樹、菜園にも

が、鉢に出来たのは初めてだ。この鉢には何とかいう赤茶色の野菜が植えてあった。葉だけ

を採ってサラダにしていたら茎だけになってしまい、その茎を未練たらしく、また葉がでて

くるかな、と残しておいたのだ。

ベランダには他にアイスプラント等も置いてあるが、庭は恥ずかしながら草ぼうぼう。梅雨

前までは蚊のでないうちにと6時頃に起きて草取りをしていたが、暑くなってきたらお手上

げ。たった6畳2間くらいの庭なのに。涼しくなるまでは野原だ。庭のプランターも春の花

が終わればおしまい。
でも、今年は一念発起、ゴーヤを鉢に植えて庭の階段の下に置いた。ところが2か月も経つ

というのに、花は咲けども実が出来ない。葉も小さい防脫髮。友人の家ではとっくに立派なゴーヤ

を収穫しているというのに。
2週間ほど前にメロンを持ってきてくれた友人の朝子さんが、うちのゴーヤをみて「栄養が

足りないのよ」という。栄養?
「一応、ハイポネックスならたまにあげているけど。果樹、菜園にも良いって書いてあった

し」、と言うと、
「そんなのだめよ」と、肥料についていろいろと教えてくれた華洋坊好唔好。彼女は鵠沼のお屋敷街の奥

様だが、秋田の田舎(と言うと怒るが)の出身なので、家の庭で見事なお花や野菜を育てて

いる。
彼女には秋田の美味しい物をよく頂く。この日のメロンも秋田から届いたもの。いつも頂く

ばかりでは悪い、よっしゃ、勿体ないけど今日は採りたての極上品を彼女にあげようと決意

。食卓の上のコップに入れておいた月下美人の花を「これあげる」と指差した華洋坊好唔好。そう、前の



  


Posted by svk at 13:18Comments(0)reading

2015年07月14日

星星陪著月兒年年歲歲

沒有約過視頻,沒有通過語音,一片片如雪的文字,傳遞著彼此的眷戀和珍惜。習慣了每天打開電腦,都會收到你的問候,習慣了無論何時都會有你的閃電回復,在這個虛擬的世界裏,懂得了什麼叫做“在乎”,也感受到了貼心的溫暖。小小的電腦螢屏,呈現著彼此的心意,一個笑話,一張美圖,一個親切的笑臉,一句暖暖的關懷,都讓心情沐浴在溫泉裏許智政醫生
因為相知,大山惦念著白雲的蹤跡;因為相惜,星星陪著月兒年年歲歲。遙遙的對望,遠遠的欣賞,不需要承諾,也沒有許下地老天荒,一份不離不棄的情誼,一份相知相伴的默契,在心與心的相惜裏久久長長。
舉杯向明月,天涯共此時,有一次,你發來一張大大的圓月圖,同時分享了一曲高山流水覓知音,我隨後給你發過去了兩只酒杯,你說:“知我者,莫若你也,今晚,就在這月下醉一回。”我說:“若非與你共舉杯,今生不知酒是何味。今宵與你,不醉不歸。”一番暢談Botox 瘦面
,一
番憨醉,一番靈魂的相依,跨越山,跨越水,在山之巔,水之湄,在月光下的百花香裏,靈醉,魂醉,心醉,神醉。
每天,在你的文字裏感受你的悲喜,在你的字裏行間揣摩著你的心事,在你每一條動態的第一時間,送去我的關懷和惦念。我是天邊的一剪流雲,遙望著你天空下的陰陰晴晴。你是天空中不落的恒星,感知著我世界的冷暖。天各一方,割不斷心心相惜的情誼,我的世界裏有你惦念的氣息。炎熱的夏日,有你捧腹的笑談,我的世界瞬間有了徐徐清風的涼爽,寒冷的冬天,有你殷殷的噓寒問暖,不曾見到暖陽,暖流已經遍佈全身許智政醫生


  


Posted by svk at 13:09Comments(0)散文欣赏

2015年06月30日

每個人夢裏都有一粒種子

多少年過去了,翻開當年的日記,裏面有一篇《遵從生命的自由》(注:1991年1月4日淩晨自縊臺灣家中的浴室,一個熱愛著這個世界的一草一木的女子離開了我們,她,哭過,笑過,愛過,——她是臺灣作家三毛)。至今還能憶起當年十幾歲的我曾為她留下多麼不舍的淚水,她說過,她要做撒哈拉的一眼泉,要把微笑給《哭泣的駱駝》,可她最終還是離開了她深愛著的故土。reenex cps
曾秉燈夜讀她的《稻草人》 ,被她快樂的心情所感染,恨不得自己也馬上去做麥田裏那個被麻雀恥笑的小草人,三毛就是那個站在麥田裏的稻草人,當風雨中來臨,她微笑著面對,因為她的眼睛裏有農人豐收的喜悅,正如她所說“每個人心中都有一畝田,每個人心中都有一個夢,每個人夢裏都有一粒種子,種下桃李,種下春風,種下倫回。
看三毛的文字,你會看見她的影子,像一匹獨自穿行於沙漠的駱駝,一幅美的讓雲和風流淚的畫卷,一個醉於紅塵裏敢愛的女子。荷西參軍臨行前說:”你等我六年“,她便等了他六年,六年後她們團聚了。(而六年後荷西卻永遠的離開了她,給了她愛,卻是夏花)。“千萬裏來尋你”是她來新疆見到王洛賓是說的一句話。她說”沙漠已不是沙漠,沙漠有時候可以是微笑的一眼泉“,讀到這裏不免落淚,紅塵裏癡情的女子,大都是把愛情看成是世間最美麗的花,想為君開盡一樹白,一樹粉,許智政醫生
一個春風十裏的春天還不夠······
也許,《哭泣的駱駝》,會告訴世人一些什麼,比如善良,本心,就連駱駝都會有悲憫之心,也許生活給我們的不僅僅是生存的狀態,而是存在於世間的意義,一個人從呱呱落地到生命的最終離去,是無限的付出和愛支撐著我們走下去,是放逐一顆熱愛著故土的靈魂。三毛教會我們,深愛和真誠。“
許智政醫生來生我還做女人,生一大群孩子”,多磨可愛的母性的溫柔,我們該向天下所有做母親的女性致敬,是愛,給了這個世界的希望和未來。


  


Posted by svk at 16:03Comments(0)華洋坊

2015年06月12日

在我愛的周圍越燒越猛

終於等到那一天了,你不在是陌生人了,是我熟悉不再熟悉的知心人。我把我所有的一切都毫不保留的給了你,你是那麼的銘刻記著我的相貌和我的美麗,就 象那愛的夢,穿插在你的心底。彼此之間,沒有什麼距離可言,都是那麼的心照不宣,恰似通宵的月亮,照亮了我愛的心房。沒有什麼可隱藏,兩個人的心彼此靠得 更緊,就象天上的星星離不開月亮似的,是那麼的親密,一整夜我都在想,那個愛的心事許智政
你征服了山峰,也征服了我,這是你女人的自豪和愛的能力。我是那麼的承認,是那麼的折服於你,我就象你愛的風景線,隨意的拉長還隨意的收短。距離被你掌控得柔韌有餘,是那麼的叫我佩服的五體投地,我此時就依賴於你,就象你愛的牆上的軟泥,想撤下去,也無能為力。reenex

一個回眸,就註定了一生的糾纏,你可知道,愛上了,想撤下來是那麼的實屬不易。就象三生石上,突被腰纏青峰的劍所刺,生髮出愛的火。所有的愛,就象篝火似的點燃,在我愛的周圍越燒越猛,我象在篝火裏衝刺左右抵擋,怕那愛的火燒到你的頭頂,愛的發心。reenex cps






  


Posted by svk at 12:44Comments(0)散文欣赏

2015年06月01日

男女愛好者在集體踢毽球

不過,在這鍛煉繁忙的公園早晨,我也看到有個別特殊的人,他們也加入了環道的散步,那不是自己在走路鍛煉,而是借助別人的力量和交通工具在行走,在鍛煉,而他們鍛煉的不是腿腳,而是儘量多呼吸公園早晨新鮮的空氣,見世面,見太陽,適應室外的生活環境,進而愉悅心情,增強體質。這類個別人,我不說你可能也猜得到,那就是分別坐輪椅的傷者、病人和不會走路或3歲以下的嬰幼兒華洋坊

我環顧四周,只見各個活動區域都在緊張地開展著各種運動鍛煉方式。
公園西門內小廣場、南門內大廣場和東北角大廣場上,幾百名大叔大媽們分三班正在做健身操,他們踏著歡快的音樂節奏,哼著悠揚的歌曲,人與人前後保持 一手臂的間隔距離,或走成環形,或走成方形,抬步伸臂,搖頭晃腦,轉身撅臀,收股掐腰,步態隨領隊舉手投足而變換,身姿伴音樂節奏起伏頓挫而優雅。Reenex 好唔好

公園中心廣場上,西北角戲迷舞池等空場地,有三、四班大叔大媽們,有的成群結隊如癡如醉跳起廣場舞,有的伴隨著快三慢四的音樂節奏不厭其煩跳起交誼舞,還有的無拘無束旁若無人瘋狂地跳起了老年迪斯可、踢踏舞。更有夫妻對陣見縫插針左一拍右一拍你來我往練起了羽毛球。
在大樹綠蔭下,甬道空地間,有三、五成群的毽球男女愛好者在集體踢毽球,看誰踢得高踢的靈活多變不死球。有十個、八個人聚在一起打陳氏、楊氏太極 拳,練氣功,看誰能拳法嫺熟技藝高超壓群雄、氣沉丹田削鐵如泥劈手斷磚功高能健身防身。還有空竹愛好者“抖空竹”練習上拋平抖下壓叫你看的眼花繚亂。reneex
  


Posted by svk at 15:42Comments(0)健康之约

2015年05月29日

我感覺世界是美好的

我感覺,我現在已經走出了原來的世界,再次面對感情的時候,我感覺我要的是那種在我身邊,卻沒有向我表達,默默守候我的那個你,你悄無聲息的關心

reenex cps
, 讓我慢慢的感動,我整天嚷著不會要你這樣的,你卻沒有離去,我感覺,這個世界還會有個人來對我放心不下,想走進我生活,要不要你,我說了算,不要你也不許 有怨言,我不知道我是誰,但是,我就是這麼任性,我感覺你要出去了,特意找個藉口來瞄我一眼,我頭都沒有轉一下,但是我知道你對我的在意,我身邊的人都沒 有看出來,或許早已看出來,卻沒有說出來!我感覺,愛情的世界,不能那麼蒼白,你聽說我想要的東西,想方設法的把它弄來送給我,我毫不情願的收下了,我還是沒決定能要你,你說,你要我!我感覺有點心動,卻是不想說出來!business centre

我感覺世界是美好的,儘管我經歷傷痛,起起伏伏這是生活!我屬於波瀾壯闊的,聲勢浩大,雷聲隆隆,驚濤駭浪的生活,我忍了!
reenex

  


Posted by svk at 17:28Comments(0)散文欣赏

2015年05月26日

農村種地自給自足的農民不快樂嗎

當我們念著“之乎者也”,當我們學著“三民主義”,當我們算著“X乘Y”時,我在懷疑,我們無憂無慮的快樂跑哪兒去了。學這麼多不喜歡的東西只是為了考一個好大學,只是為了能更好的生活罷 了。可是什麼是好的生活?拼著老命賺一堆錢,然後住大別墅,開阿斯頓馬丁,穿Dior,背LV就是好的生活嗎?這樣就一定會快樂嗎?雖然這樣會讓好些人羨 慕,但未免也太累點兒了吧。你能說在農村種地自給自足的農民不快樂嗎?他們每天都悠然自得,獲得倍兒滋潤。有什麼不好,有什麼不快樂呢?  Reenex 好唔好
其實,快樂並沒有結束。無論你處在什麼樣的位置,你都可以找到自己的快樂。當我們念“之乎者也”時,多體會一些文中的內涵,就會學到深刻的人生哲理;在學著“三民主義”時,想想孫中山創立同盟會的愛國情懷(同盟會是孫中山創立的吧?);在算著“X乘Y”時,想想金融危機Reenex 好唔好,可不能讓數字把我們能蒙了呀。向著這些學習多少會快樂些。而且不要太看重中、高考。因為一次的成績不能說明什麼問題,或者換個說法兒就是過程比結果重要。  
嗯,其實快樂並沒有結束,只是缺少發現快樂的心罷了。  Reenex 好唔好



  


Posted by svk at 11:47Comments(0)reading

2015年04月24日

紫色的小花在風中輕輕搖曳

街邊花壇裏的丁香開了,淡淡的,靜靜的,紫色的小花在風中輕輕搖曳著,綠色的心形葉片托起一簇簇風鈴兒,那千千心結,在向誰訴說著離愁別緒?“殷勤解卻丁香結,縱放繁枝散誕春。”丁香,似乎總與愛情有關,被稱作愛情之花,幸福之樹,可人間這種至情至愛的情感,總是禁不起時間的打磨,亦或許,情還在,人已遠。所以,對於丁香,我是愛著的,那紫色的風鈴裏,有我無盡的念想,總想起,湖邊遊春,那留在花枝上的浪漫,溫溫的,潤潤的,如四月的雨,澆涼了心境,澆不滅心中的依戀。reenex cps
春天裏的花,色彩斑斕,萬紫千紅,總有一處景色,會觸動心靈, 總有一朵花兒,會滯留心底。人的心性不同,所愛的景物也不盡相同,比起枝頭上絢麗色彩的花朵,我更喜歡那些散落在野地裏的小花,不張揚,不媚俗,無論長在 什麼地方,環境的優劣,天氣的陰晴,都不影響它們開花的心情。一簇簇小野菊,潔白的,淡黃的,迎著風,沐著雨,盡情地開著,不在乎有沒有人觀賞,不期盼有 沒有人喜歡,與清風為伴,為蜂蝶為伍,用生命特有的質樸和 純潔,給大地母親的裙擺上,點綴幾縷春色,自然而恬淡。Reenex 好唔好

美麗的春色讓人癡迷,鮮豔的花朵讓人疼惜,可是,多癡情的眼眸,也留不住稍縱即逝的春光,越美好的東西,越是短暫。落花流水春去也,尚未欣賞完枝頭上的絢爛,入眼的卻已是滿地殘花,“淚眼問花花不語,亂紅飛過秋千去。”那點點落紅,那片片花瓣,在風中無奈地飄落,不經意間,已戳疼我們的心。也或許,正因為花期的短暫,我們才更貪戀那稍縱即逝的美景。rennex hk

  


Posted by svk at 16:22Comments(0)散文欣赏

2015年03月28日

我喜歡重許諾的人

我喜歡重許諾的人,可是我卻失信於一人,我曾經答應過一個女孩,待到來年春暖花開,我一定回到她所在的城市,和她一起續花香,話桑麻。她也許諾我永遠給我留一個窩,無論何時我歸來都有一個棲息地。我們總是幻想著我們在一個城市工作、生活的日子,這是閨蜜之間獨有的情懷。不曾想,我的歸期成了未有期,她也奔赴了另外一個城市,去尋求更加廣闊的天地。很多時候,當我們與現實對峙的時候,我們無能為力,我們歇斯底哭喊,卻只能在往後的日子裏努力拉近現實與夢想的距離。這一年裏我們發生了許多的事情,已經不再如當初那般天真,可是那一份許諾,一直深藏在我的心底,從不曾忘卻reenex cps
“待到春風吹起,我扛花去看你”,反復讀著它的時候,我想扛花去看一個人一定像踏雪尋梅、焚香彈琴、陽光下曬書等是一件雅事,也是件趣事。又突發奇想如果做不到當初對她的許諾,是不是可以去實現這樣的約定呢?
你看,窗外的春風已經吹起,只要我們有心情,約個時間,不說扛花去看彼此,要是能夠摒棄偽裝成的大人模樣,素面素心地見一次面,在春花叢中爛漫的笑一回,重溫往日踏青的情節,回味遙遠的無邪心情。那是一種心靈的放空,曾經我們也這樣無邪的聆聽過花苞次第開放的聲音,那是春風送來花兒們竊竊地私語。或者只是安靜的待著,回歸最本真的自己,哪怕最後又各自歸於自己的城市奮鬥又何妨呢?畢竟我們可以那麼單純快樂的過一會兒。business center

如果我見到她,一定將那些她未曾參與的舊故事以及新春的懷想,在這個春天裏,一字一句讀給她聽,如同“忽如一夜春風來,千樹萬樹梨花開”的梨花,將積蓄了一個春秋的心裏話說了出來,才不管別人聽不聽呢,任它便了。
這樣的念想像一朵潔白素雅的梨花一樣開在我的幻想裏,笑了一地搖曳的花影,讓我心動不已http://www.ci-labo.com.hk/product/?product_id=121">美容機 。

  


Posted by svk at 13:15Comments(0)散文欣赏